カモミールローマン フローラルウォーター(ハーブウォーター)

カモミールローマン フローラルウォーター(ハーブウォーター)

セール価格: 480円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

容量:
数量:

ローマンカモミール ハーブウォーター(ローマンカモマイル フローラルウォーター)の基本情報

  • 学名:Anthemis nobilis
  • キク科
  • 原産国:フランス
  • 抽出部:花
  • 抽出方法:水蒸気蒸留法
  • キク科アレルギーに注意

アロマテラピー資格や検定の対象

ローマンカモマイルハーブウォーターはナード・アロマテラピー協会によるアロマ・インストラクターコースで学ぶハーブウォーター 10種類のうちのひとつです。

ローマンカモマイルハーブウォーターの口コミ評判

  • 「イメージしていたローマンカモミールの香りとちょっと違いましたが蒸留水にするとこうなるんですね。」
  • 「使っているうちに慣れましたが、最初は匂いが独特できつく感じました。」
  • 「カモマイルの香りは好き嫌いが分かれるようで、口コミでもいろんな感想があってちょっと気になっていました。でも、実際に使ってみると、ハーブティーのような香りで私は気に入りました。お勧めできます。」

ローマンカモマイルハーブウォーターの特徴

ローマンカモミールの植物としての情報は、カモミールローマン精油のページをご覧ください。

ハーブウォーターは水蒸気蒸留法で精油を抽出される際に生じる副産物です。様々な名称があり、ハーブウォーターやフローラルウォーターの他に芳香蒸留水、アクアロム、ハイドロゾルとも言われます。また、精油を用いた植物療法をアロマテラピーというように、ハーブウォーターを用いた植物療法をイドロラテラピーと言います。

ローマンカモミールを水蒸気で蒸留し、その後、水蒸気を冷やすと水溶性と脂溶性の2層に分かれた液体となります。上層の脂溶性の液体がすなわちローマンカモミール精油となり、下層の水溶性の液体がハーブウォーターとなります。精油もハーブウォータも含有する成分は似ていますが、成分構成比は大きく異なります。例えば、ローマンカモミール ハーブウォーターの主成分はピノカルベオールですが、精油には若干量しか含まれていません。

化粧品表示のあるローマンカモマイル ハーブウォーターは、そのまま化粧水として使うことができます。ハンドメイドコスメの原料としても利用できます。アロマテラピーサロンでのフェイシャルエステでは、フェイシャルパックにハーブウォーターが用いられるのが一般的です。その他、ハーブウォーターには、アロマ加湿器で精油の代わりに用いたり、エアースプレーリネン水として利用したり等等、様々な香りを楽しむ方法があります。

良質精油のローマンカモミール ハーブウォーターの特徴

良質精油のローマンカモミール ハーブウォーターは、精油を蒸留する際に生じる自然の副産物をそのままお譲りしています。保存剤などの添加物は含まれていません。雑貨として販売しております。リネン水やエアースプレーなどで自然の香りをお楽しみください。


100%自然の精油やハーブウォーターをアロマオイルハウスから激安で卸販売・通信販売しています。